「続く遠距離恋愛」と「終わる遠距離恋愛」の違いってどこにあるの? - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. コラム
  3. 「続く遠距離恋愛」と「終わる遠距離恋愛」の違いってどこにあるの?

「続く遠距離恋愛」と「終わる遠距離恋愛」の違いってどこにあるの?

遠距離恋愛はお互いの大切さを感じられるメリットがありますが、意外にも苦労が多く結果長続きせず別れてしまうカップルも多いですよね・・・。

物理的に距離があるとお金もかかるし、会う日程を合わせるのも大変なので、長続きするには本当に根気のいる恋愛だと思います。

 

今回は、遠距離恋愛を続けさせるためにはどうしたらいいのかをご紹介していきたいと思います!

遠距離恋愛中で悩んでいる人はぜひ読んでみてくださいね♪

「続く遠距離恋愛」と「終わる遠距離恋愛」の違いってどこにあるの?

遠距離恋愛は苦労の連続!

進学や就職の都合で遠距離恋愛になってしまった・・・。

出会ったときからもともと遠距離だった・・・。

急な出張で遠距離にならざるを得なかった・・・。

様々な理由で遠距離恋愛になってしまい、寂しい気持ちを我慢しながらも相手を想っている女性は多いかと思います。

 

遠距離恋愛はお互いの距離が物理的に離れている分、何気ない言葉やサプライズが嬉しく感じるときがあります。

そこが遠距離恋愛の醍醐味といっても過言ではありません。

 

しかし、普通の恋愛よりもかなり苦労しやすい面もあります。

デートをしたいけれどお互いの都合が合わずに中々会えない、連絡をしても全然返ってこずやきもきしてしまったり・・・。

また言いたいことも言えず、相手に対する不満が爆発してしまい大喧嘩することもあります。

 

故に長続きせず、そのまま終わってしまうカップルが非常に多いのです。

物理的ではなく精神的にも距離ができてしまったら長続きする可能性は低くなりますので、「ずっと一緒にいたい」と思うなら色々と改善する必要があります

 

下記では続く遠距離恋愛と、続かない遠距離恋愛の特徴についてご紹介していきたいと思います。

「今の関係のままじゃ嫌だ!」「もっと長続きするようにはどうしたらいいの?」

そういった人におすすめです。

終わる遠距離恋愛の特徴

では、終わる遠距離恋愛の特徴は一体どういったものなのでしょうか。

詳しくご紹介していきたいと思います。

どんどん連絡の頻度が減る

最初に挙げられるのは、どんどん連絡の頻度が減ることです。

仕事が忙しくて返信ができずそのまま放置され、最初はこっちも寂しかったけれどいつしか返信することを忘れて連絡の頻度が減り、結果として自然消滅してしまうパターンです。

遠距離恋愛は連絡を怠ると長く続くことはありません。

普通のカップルと違い、思いを直接伝えられないからこそ連絡をして心を通わせなければならないのです。

遠距離恋愛で長く続かないカップルに共通するのは連絡の頻度の低さなので、長続きしたいと思うなら定期的に連絡を取るようにしましょう。

会う予定をちゃんと決めない

続いて挙げられるのは、会う予定をちゃんと決めていないところです。

遠距離恋愛は久しぶりにあってちゃんとしたところでデートをするからこそ、「ああ、私やっぱりこの人のこと好きなんだな」と実感することができるのです。

しかし遠距離恋愛に慣れてしまい、行き先も適当で行き当たりばったりな場合、長続きすることはありません。

またいつ会うかも明確にせず、うやむやにしていると忙しさでいつの間にか忘れてしまい、結果としてお互いが直接会える機会を潰すことになります。

 

会う予定をしっかり決めることでお互いの存在を大切に思うことができるため、長続きしたいならそういったところもしっかりとしておきましょう。

お互いに言いたいことを我慢する

遠距離恋愛で長続きしないカップルの多くは、お互いに言いたいことを我慢していることが多いです。

なにか不満があっても「相手に迷惑がかかるから・・・」と遠慮をしてしまい、我慢し続けて爆発してしまうパターンもあるので、何か不満があればきちんと言っておきましょう。

また、相手の方も「何も言ってこない・・・もしかしたら愛情がないのかも?」と不安になってしまうので、何か言いたいことがあれば自分の口ではっきりというようにしましょうね。

続く遠距離恋愛の特徴

では遠距離恋愛で長続きするには一体どうすればいいのでしょうか。

ここではその特徴をご紹介していきたいと思います。

最初にルールを決めておく

遠距離恋愛で長く続けるためには、あらかじめルールを決めておきましょう。

あまりにも過剰なルールはNGですが、二人の仲を保つためのルールを決めておけば喧嘩をする機会も少なくなりますし、過度な不安になることもなくお互いの時間を過ごすことができます

 

具体的なルール例は以下の通りです。

・月に1回は必ず会う(なるべくなら給料日後がベスト)

・定期的に連絡しあう

・不満ができたらその都度言う

・遠距離の期間は〇〇年後まで

 

結婚を前提に付き合っている場合は、遠距離恋愛の期間を決めておいたりそれまでの貯金額も決めておくといいでしょう。

お互いが仲良くできるルールを作ることで、長続きすることができます。

遠距離恋愛で長続きしたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

相手の立場を尊重する

遠距離恋愛は普通の恋愛と違い、相手の立場を尊重しなければなりません。

相手にも仕事の都合で連絡が遅れたり、3日ほど連絡できないときだってあります。

寂しくて連絡をずっと取りたい気持ちは分かりますが、あまり自分の気持ちばかりを押し付けてしまうと相手も疲弊してしまいます。

ですので、長続きしたいならきちんと相手の立場を尊重してあげましょう。

相手の立場を尊重して付き合うだけで長続きする可能性は高くなりますし、同棲をしたときにもうまくいくことがあります。

将来を見据えた関係を目指しているなら、相手を尊重する気持ちを育んでいきましょう。

自分の気持ちを正直に伝える

一番大切なのは想っていることを隠すのではなく、相手に正直に気持ちを伝えることです。

遠距離恋愛において相手に気持ちを伝えるということは、それだけその人を想っているという証でもあります。

大切なことは自分の口から伝えるようにしましょう。

「続く遠距離恋愛」と「終わる遠距離恋愛」の違いってどこにあるの?

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回は遠距離恋愛が長続きする方法についてご紹介しました。

普通の恋愛よりもやや難しいですが、成就したときの喜びはかけがえのないものになるはずです。

遠距離にめげず、相手を尊重し、より良い関係を築けるようにしましょう!

関連キーワード

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY