千葉雄大、田中哲司との強烈シーンを振り返る「やりたいようにやれた···」 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 千葉雄大、田中哲司との強烈シーンを振り返る「やりたいようにやれた···」

千葉雄大、田中哲司との強烈シーンを振り返る「やりたいようにやれた···」

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が、2018年10月12日(金)より全国公開されます。

驚異の歌声を持ち、カリスマ的人気を誇っているロックスター・シン(阿部サダヲ)には、ある秘密がありました。彼の歌声は“声帯ドーピング”というオキテ破りの方法によって作られたものだったのです。長年にわたる声帯ドーピングの副作用で、限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱える彼が出会ったのは、異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)でした。
2つの歌声が出会ったとき、ぶっちぎりのミラクルが起きる!? ありきたりな常識を覆すハイテンション・ロック・コメディとなっています。

girlswalkerでは、レコード会社のシンの担当A&R・坂口役を演じた千葉雄大さんにインタビュー。多面性を持つストーリーテラーな役どころに、千葉さんが共感した部分とは? 映画の見どころについても必見です!

「どうにでもしてくれって感じでした」

--この秋の“笑撃作”への出演が決まったときのお気持ちはいかがでしたか?

「音楽を軸にした映画や、ここまでハイテンションな作品への出演のお声掛けは今までなかったので、こういう作品に呼んでいただけたことが嬉しかったです。とにかく楽しみで、どうにでもしてくれって感じでした」

--完成した作品を観て、率直な感想は?

「物語をコツコツ積み上げていった先に面白い部分がある作品で、観終えた後はぐっとくるものがありました。音楽も素晴らしいですし。個人的には、多面性がある役を演じられて面白かったです。ピザやナマズを投げられたり、下着姿になる撮影もあったのでそういうオプションが嬉しかったです(笑)」

--千葉さんは、本当に色々されていましたね(笑)

「今まで王子様キャラだったり、爽やかな役を演じることが多かったせいか、なぜかみなさん気を遣ってくださって(笑)。監督もそういうシーンがある度に『本当に大丈夫ですか?』って言ってくださったのですが、僕としてはむしろウェルカムですね。何でもやりたいと思うタイプなので、こういう機会をいただけて嬉しかったです」

--中でも、一番注目してもらいたいシーンは?

「田中(哲司)さんとの共演シーンが楽しかったです(笑)。二人とも生まれたままの姿でウロチョロしてたのですが(笑)、バスローブを着ると急に出る男優感が面白くて。照明もミステリアスな感じだったので、田中さんと『なんかすみません~』って言いながら演じました(笑)」

--実際に演じられて、手ごたえはありましたか?

「最初、田中さんに追い詰められて嫌がる感じでやっていたのですが、これ受け入れたらどうなるんだろうと思って。実際に受け入れてやってみたら、そういう方向で撮影することになったので、やりたいようにやれたシーンですね」

「二面性や破壊衝動には少なからず共感しました」

--演じられた坂口は、どんな役でしたか?

「撮影後に監督から、坂口はストーリーテラー的な役割を担っていたと言われて。思い返してみれば、色んなシーンを渡り歩いてきたなと。他の出演者は、メイクとかコスプレも振り切ってやっていますが、僕だけはそのキャラクター的な役割とはまた違うのかなって」

--坂口を演じられる上で、心掛けていたことは?

「野心家である一方、目上の人にヘコヘコ付いていくシーンがあったり、でもそれも坂口の作戦のうちかもしれない……みたいな、コロコロと手の平を返す役なので、その多面性は全力で表現するようにしました」

--坂口に共感できる部分はありましたか?

「この仕事をしていると、型にはまって息苦しくなることがあって。それをぶち壊したいという思いもあったので、坂口のような二面性や破壊衝動には、少なからず共感できました。あとこの間、俳優の知り合いとご飯へ行ったときに、僕自身のことを『特殊(な俳優)だよね』と言われましたね。自分では、その特殊性がよくわかってないですけど…」

--顔がかわいいのに、良い意味でちょっと変態要素があるとか(笑)?

「変態要素ですか(笑)。それに近いもので一番最近言われたのは、『目が死んでいるのに、なぜか笑っていたりするのが気持ち悪い』って(笑)。無意識なそういう部分が、多面性のある役を演じる上で役に立っているのだと思うので、それは褒め言葉として受け取りました(笑)」

阿部サダヲさんは、唯一ご飯に行く大好きな先輩!

-阿部サダヲさんとの共演はいかがでしたか?

「僕、プライベートでご飯をご一緒する唯一の先輩が阿部さんで。本当に大好きな方なので共演できて嬉しかったです。普段、お芝居の話はしないんですけど、僕が出ている作品を観てくださったり、連絡をくださることもあって。優しいし、阿部さんといると居心地が良いんですよね。今回の役もアーティストとマネージャーのようなレコード会社の担当っていう近しい関係だったので、勝手に安心していました」

--吉岡里帆さんの印象はいかがですか?

「同じシーンは少なかったのですが、吉岡さんがバンドのトレーニングをされているところを拝見していたので、少しうらやましい気持ちはありました。大変だとは思いますが、映画で音楽をやってみたいと思う瞬間がたまにあるんです。バンドをしている友達もたくさんいるので、いつかやってみたいです」

--作品の音楽性については、いかがですか?

「HYDEさんからあいみょんさんまで、携わっている方のジャンルが幅広いですよね。シンとふうかの音楽性にもだいぶ差があるけど、共通してロックとも言えるし。撮影後、自分であいみょんさんのCDを買って、移動中によく聞くようになったので僕も影響を受けました」

スタイリスト:寒河江健(Yolken)
ヘアメイク:堤紗也香

SPECIAL PRESENT

千葉雄大さんの直筆サインが入ったチェキをgirlswalkerの読者1名様にプレゼント!応募方法は簡単!girlswalkerのTwitterアカウント(@girlswalkernews)をフォローして下記のTweetをRTするだけ!
※応募締め切りは10月10日(水)

INFORMATION

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』
2018年10月12日(金)全国公開


《出演》阿部サダヲ、吉岡里帆/千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、片山友希、中村優子、池津祥子、森下能幸、岩松了/ふせえり、田中哲司、松尾スズキ
《監督・脚本》三木聡

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY