必ずまた来たくなる! 作品と一体化する新感覚アート「チームラボ ボーダレス」の見どころベスト5 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. ライフスタイル
  3. 必ずまた来たくなる! 作品と一体化する新感覚アート「チームラボ ボーダレス」の見どころベスト5

必ずまた来たくなる! 作品と一体化する新感覚アート「チームラボ ボーダレス」の見どころベスト5

2018年6月21日(木)にオープンした「森ビルディング デジタルアートミュージアム:エプソン チームラボ ボーダーレス」。チームラボとは、プログラマ・エンジニア、数学者、建築家、デザイナー、アニメーター、絵師など、様々なスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。最先端の技術を駆使し、毎年様々な場所で行われる展覧会は、休日や夏休みになると、何時間待ちにもなる行列をなすほど話題となっています。


一足先に行われた内覧会では、女優の仲里依紗さんや、モデルの堀田茜さん、石田ニコルさんといった多くの著名人が訪れ、自身のSNSに写真をこぞって投稿し、たちまち話題に。前売券がすぐに完売するほどの人気ぶりを見せています。この夏注目度ナンバー1スポットと言っても過言ではないでしょう。
同施設は、10,000㎡という圧倒的な巨大空間と、5つの世界で構成されています。“Borderless”のコンセプトのもと、作品同士は境界がなく、時に展示室を飛び出し、他作品と融合、共鳴し合います。また、作品と鑑賞者の間さえも境界が存在しないため、人はこの世界に自らの身体を没入させ、まるで作品に溶け込むような新体験を味わえる、全く新しいミュージアムです。
そんな話題の同施設で展示されている、世界初公開のものを含む全60作品の中から、girlswalkerが特におすすめする作品をランキング形式で紹介します♪ インスタグラムで「#teamlabborderless」で検索すると、みんなが撮った写真も見られるので合わせてチェックしてみてください。

5位:世界初披露の新作「人々のための岩に憑依する滝」


ミュージアムのメインビジュアルでも使われている同作品は今回世界初披露された新作アート。作品の上に立つと、滝の水が人を避けながら流れていきます。また、寄りかかったり、人の体が触れた場所には花が咲く仕掛けも施されています。滝の水は、上の階の「運動の森」にある「グラフィティネイチャー 山山と深い谷」という作品から流れてきているんだとか。ぜひそちらの作品もチェックしてみてください!

4位:錯覚アート「地形の記憶」

春の花々や初夏のホタル、青々とした稲が黄金に変わる様など、四季の移り変わりを表現した作品。人々が動き回ることで空気の流れが変わり、空気の流れによって稲や散る花びらの動きも変わっていく、視覚的錯覚を用いた仕掛けが施されています。

稲の間を歩くと、人の動きを感知して葉が揺れ、まるで大草原を本当に歩いているかのような没入感と同時に、身体と空間との境界を失ったような感覚も味わえるかもしれません。

3位:5時間待ちを作った超人気作品! 「Wander through the Crystal World(ワンダー スルー ザ クリスタルワールド)」

光の点の立体的な集合で創られた同作品。2016年に「お台場みんなの夢大陸2016」で開催され5時間以上待ちとなった「DMM.プラネッツ Art by teamLab」にも出展されたもので、チームラボがその名を世界に知らしめた快進撃へのキカッケにもなった作品です。“ボーダレス”という名の通り、境界が全くわからないので、迷路のような感覚を楽しむこともできますよ。

1 / 2

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 TGC18AW TGC北九州 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN