佐野玲於派?中川大志派? 映画『虹色デイズ』吉川愛らJKキャスト陣の全力女子トーク♡ - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 佐野玲於派?中川大志派? 映画『虹色デイズ』吉川愛らJKキャスト陣の全力女子トーク♡

佐野玲於派?中川大志派? 映画『虹色デイズ』吉川愛らJKキャスト陣の全力女子トーク♡

2018年7月6日(金)から全国公開する映画『虹色デイズ』は、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の[友情]と[恋]がギュッとつまった、胸がときめく感動青春ストーリー。原作は、“男子の本音がわかっちゃう”No.1青春コミック『虹色デイズ』(水野美波/集英社マーガレットコミックス刊)。いま最も人気と勢いのある旬な若手俳優、佐野玲於・中川大志・高杉真宙・横浜流星の4人がカルテット主演を務め、彼らの青春を彩る女子高生たちを、注目の若手女優、吉川愛・恒松祐里・堀田真由・坂東希が演じます。

なっちゃん(佐野玲於)&まっつん(中川大志)&つよぽん(高杉真宙)&恵ちゃん(横浜流星)は、性格も趣味もちがうけど、いつも一緒な仲良し高校2年生。ある日、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈(吉川愛)に片想いしたのをきっかけに、4人はそれぞれ本気の恋に向かって走り始めます。友情・恋・進路…仲間と一緒に笑ったり悩んだりしながらも、お互いを励まし、本当に大切なものを見つけようと奮闘する高校生たちを描きます。

girlswalkerでは、吉川愛さん、恒松祐里さん、堀田真由さん、坂東希さんの4人にインタビューを敢行。作品中の、女子ならではな共感ポイントや自身の高校生活と重ね合わせて感じたことなどについてお話を伺いました。


左から坂東希、吉川愛、恒松祐里、堀田真由

女子ならではの「あるある」に注目!

-本作では恋のハプニングが多発しますが、共感したシーンはありますか?

恒松祐里(以下、恒松)「4人の男子が、ちょっとしたことではしゃいだりケンカしたりワチャワチャしてる感じは、『こういう男子いるな~』って遠目から見ていた自分の高校時代と重なりました」

坂東希(以下、坂東)「私が演じた千葉ちゃんが、なっちゃん(佐野玲於)に演劇の練習を手伝ってもらうところを杏奈が目撃して、本当の告白だと勘違いするシーンがあるんですけど、私も自分の好きな人が、他の女の子とあんな真剣な感じで2人きりでいるのを見たら、勘違いするんだろうなって思いました。会話が聞こえてなくても、きっと走り出してますね。現実でも意外とああいうシーンってあると思います」

堀田真由(以下、堀田)「ゆきりんの“言わない勇気”というものをすごく感じました。ゆきりんは自分の本当の気持ちをつよぽん(高杉真宙)には伝えなかったんですけど、私も好きな人に自分の本当の気持ちは言えないだろうなって思って、共感しました」

4人が羨ましく思った青春シチューエションとは?

-本作にはたくさんの青春シチューエションが散りばめられていますが、自分の高校時代と重ねてみていかがでしたか?

吉川「文化祭のシーンが楽しかったです。私は高校の頃にはこの仕事をしていて、実際の文化祭にはなかなか参加できなかったので。セットもすごく本格的で、いっぱい写真を撮りました!」

恒松「男子と女子の仲良しグループには憧れてましたね。くっつきそうでくっつかない距離感が楽しくて、いいシチューエションだなって思いながら演じてました」

堀田「放課後、駄菓子屋にみんなで寄り道するシーンですね。私が高校生のときは寄り道とか全くせず真っ直ぐ家に帰っていたので(笑)。私もやればよかった~って思いました」

坂東「私は出ていないんですけど、みんなで勉強会をするシーンですね。私も高校生の頃から仕事をしていて、なかなか学校の友達とあんな風に集まれなかったので。しかもわざわざ男女で集まるところが高校生っぽくていいなって思いました」

4人の男子の中で1番人気は…?

-タイプの違う4人の男子、みなさんの好みは?

吉川「恵ちゃん(横浜流星)も好きなんですけど、やっぱまっつん(中川大志)ですね。女好きなのに、好きな人ができたらちゃんとその子に一途になる感じがかっこいいです」

恒松「私は原作を読みながら、ゆきりんにしか見せないつよぽんの表情とか発言に、キュンキュンしてました。みんなの前では大人びた感じなので、そのギャップがいいなって思いました」

ゆきりん「私もまっつんです。チャラいけど一途になったら、他の女の子の連絡先を全部消したりとか、キュンってしちゃいますね。特別っていうの女子は好きなので」

坂東「恵ちゃんかな~。高校生にしては大人っぽいじゃないですか。そこを『そんな大人ぶらなくていいよ』って言ってあげたい(笑)。最近気づいたんですけど、私母性が強い方なんですよ、きっと(笑)。世話を焼くのがけっこう好きみたいで。だから、恵ちゃんって接していくうちに“かまってちゃん”なところがありそうなので、『よしよし』ってやってあげたいなって思います」

吉川愛は○○に夢中!?

-現場で流行っていたことなどはありましたか?

恒松「私と(吉川)愛ちゃんの中では、顔交換できるアプリが流行ってました。私たち笑った状態で顔を交換すると全然違和感ないんですよ。それが新たな発見でした」

吉川「衣装が変わるたびにやって、ずっと遊んでました」

坂東「私が1番印象的だったのは、愛ちゃんがずっと爬虫類の動画をみんなに見せてたことですね。飼おうか迷ってるって言って」

吉川「『アカメカブトトカゲ』が食事をしている映像をずっと見てました」

-それを見せられたみなさんはいかがでしたか?

恒松「私は受け入れました、杏奈ラブなんで!なんでもこいって思いながら全部受け止めました!」

坂東「(恒松)祐里ちゃんと愛ちゃんは、噛み合ってるのか噛み合ってないのかわからない感じがずっとあったんですよね(笑)。ちゃんと会話できてんのかな~って思いながらも、見てると最終的にはちゃんと成立してて、それを眺めているのが楽しかったです」

-撮影期間の中で発見したお互いの意外な一面はありましたか?

坂東「愛ちゃんは、最初会ったときクールな感じでした。でも撮影が始まるとすごく可愛くて。一応4人の中では1番年上なので、今ではみんな可愛い妹のような存在です。撮影が終わってからも、取材などでみんなに会うといつも癒やされます」

堀田「私も愛ちゃんの印象は変わりました。最初おとなしい方だと思ってたんですけど、めっちゃ喋るやん!みたいな(笑)。でも杏奈ちゃんみたいにふわふわした感じもあって。役に合っているなって思いましたね」

-4人を4姉妹に例えたら?

吉川、恒松、堀田「長女は希ちゃんで、末っ子は…」

恒松、堀田、坂東「愛ちゃん」

吉川「私?」

恒松「年齢的にも」

吉川「(恒松さんを見ながら)次女っぽい!(堀田さんを指して)三女。(恒松さんは)しっかりしているから、次女かなって。で、(堀田さんは)私よりはしっかりしてるけどほんわかもしているから、三女かなって」

坂東「(堀田さんは)ペットみたいな感じだよね」

堀田「ペット!?」

恒松「三姉妹とペットって!扱い!(笑)でも確かに癒やしキャラ!」

吉川「さっきも字を間違えちゃったり、ちょっと抜けているところもあるんです(笑)」

「誰もが一度は感じたことのある懐かしい感情を思い出してほしい」

-最後に、本作の見どころを教えてください

吉川「“友情+キュンキュン”という映画なので、他の青春映画にはないキラキラがすごくある作品になっているので、幅広い世代の方に満足してもらえる作品になったと思います。毎シーン毎シーン頑張って撮ったので、じっくり観ていただきたいです」

恒松「私が演じた筒井まりは、1人になるのをすごく怖がっている女の子なんですけど、そういう感情って多かれ少なかれ女の子なら誰もが一度は感じたことあると思うんです。中学生のとき、仲が良かった友達が、クラス替えをしたら別のクラスだった子と仲良くなってて嫉妬しちゃう、みたいな。女性の方にはそういう頃の気持ちを思い出しつつ、まりと杏奈の友情に注目してほしいです」

堀田「監督に『ゆきりんは、みんなの恋を後押しする存在であってほしい。みんなよりちょっとだけ大人で、見守る感じでいてほしい』って言われたんですが、大人の方はきっとそんなゆきりんの言葉や感情に共感できるんじゃないかなって思います」

坂東「登場人物はみんな個性豊かで、それぞれにストーリーがあって。高校生活って常日頃からいろんなことが目まぐるしく起こっていくんですよね。そのときに味わった気持ちって、その後の自分を構成する大事な要素になっていくと思うんです。なので大人の方には、仕事に追われていっぱいっぱいになった時に観て、いろんなことを、よくも悪くもダイレクトに受け止めていた、学生時代のピュアな気持ちを思い出してほしいです」

SPECIAL MOVIE

映画の見どころを、みなさんにそれぞれ一言で表現していただきました! 可愛い女の子たちの耀く笑顔に癒やされてください♡


SPECIAL PRESENT

4人の直筆サイン入りチェキをgirlswalkerの読者2名にプレゼント!
応募方法は簡単!girlswalkerのTwitterアカウント(@girlswalkernews)をフォローして下記のTweetをRTするだけ!

https://twitter.com/girlswalkernews/status/
応募期間は7月16日(月)23:59まで。当選はDMでお知らせするのでお見逃しなく!!

INFORMATION

『虹色デイズ』
2018年7月6日(金)全国公開


《出演》佐野玲於(GENERALIZATION from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星
吉川愛、恒松祐里、堀田真由、坂東希(Egilrs/Flower)/山田裕貴、滝藤賢一
《原作》水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊)
《監督》飯塚健
《脚本》根津理香、飯塚健

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 TGC18AW TGC北九州 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN