「僕らはデキる男!」U-KISS、初の4人体制ライブで新たな魅力全開!〈ライブレポート〉 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 「僕らはデキる男!」U-KISS、初の4人体制ライブで新たな魅力全開!〈ライブレポート〉

「僕らはデキる男!」U-KISS、初の4人体制ライブで新たな魅力全開!〈ライブレポート〉

2018年5月18日(金)、U-KISSのスペシャルライブイベント「U-KISS SPECIAL LIVE 2018 ~Love IN Kissme~」が東京・Zepp Tokyoにて開催された。

U-KISS01

リーダーのスヒョンが昨年末に入隊し、この日のライブは日本では初めてとなる4人でのパフォーマンス。U-KISSにとって大きな節目となるその姿を目に焼け付けようと、多くのファンが駆けつけた。

オープニング映像が流れると、フロアの熱気は一気に上昇。場内が暗転し、その次の瞬間にスポットがステージ中央を照らすと、フン、キソプ、イライ、ジュンの4人が背中合わせで座っている姿が。一瞬で会場を包み込んだ大きな歓声とピンクのペンライトが鳴り止まないうちに、1曲目の「FLY」がスタートした。

U-KISS05

熱狂のなかで「FLY」を歌い上げると、早速この日最初のMC。フンは「ようこそー! 会いたかったですかー?」と煽りつつも、「4人でライブをすることがとても不安で自信がなかったんです」と正直な心境を吐露。「でも、今日キスミー(※ファンの総称)の顔をみたら“僕らはデキる男!”って思えました。限界を超えてみんなと思い出を作りたいです」と意気込んだ。メンバーたちの並々ならぬ気概に、ファンも大きな歓声で応えていた。

そんなMCに続いて披露された「Stop Girl」と「Compass」では、吐露していた不安を一気に吹き飛ばすようにキレのあるパフォーマンスを披露。「Stop Girl」ではアグレッシブなダンスやラップで魅せ、メランコリックな「Compass」ではそれぞれが思い思いに身体を揺らしながら、語りかけるような歌を聴かせてくれた。

ファン作成のプロフィール公開!キソプの趣味「洗車」が思わぬキラーワードを生むことに……

続くこの日2度目のMCでは、「とてもかっこよくて、心臓が止まりそうですかー?」とフンが再びファンを煽る。そこから、ファンクラブの企画によりファンの手で作られたというメンバープロフィールを紹介しながら、軽妙なトークがスタート。

フンの「長所:男らしい、ムードメーカー 優しい 特技:ギャグセンス、歌、日本語、ボーリング」というプロフィールが紹介されると、「かっこいいとかじゃないね」とキソプがツッコミを入れ、会場が笑いに包まれる。

U-KISS_hoon01

(写真:フン)

続くジュンのプロフィールでは、「長所:スタイルがいい、おしゃれ、マルチプレイヤー 特技:卓球、演技、ダンス」。特技のひとつにあがった演技では、ジュンの韓国でのドラマ出演が話題に。フンが「演技を見せて!」と無茶ぶりするもジュンは照れながらやんわりNG。今度は「じゃあ、ダンスを見せて!」とリクエストし、フンのボイスパーカッションに乗せてジュンのダンスが披露された。

U-KISS_jun01

(写真:ジュン)

その後もプロフィール紹介は続き、イライが「特技:動物のマネ」にちなんでゾウや猿、鳥のモノマネで会場を沸かせたり、そのモノマネのクオリティーの高さにフンが「瞳をとじて〜 それだ〜け〜で動物園〜♪」と平井堅の「瞳をとじて」の替え歌を口ずさんだりと、息の合った4人のやりとりにファンの笑顔が広がっていった。

U-KISS_eli01
(写真:イライ)

そして、プロフィール紹介のラストを飾ったキソプが、このコーナー最大の盛り上がりを見せる。キソプは「特技:洗車」という部分がトークのポイントになったのだが、「時間がある時は4時間ぐらい洗車をするけど、特にマフラーは綿棒で念入りにきれいにする」というエピソードを聞いたフンが、「ここで洗車を見せて」とまたしても無茶ぶりしつつ、自身がキソプの愛車役をやることに。当初は楽しそうに愛車役を演じるフンだったが、キソプがフンのヒップを車のマフラーに見立てたところで「一応俺もアイドルだからさ! お尻をマフラーにするのはやめてくれ!」と笑いながらストップをかけ、見事なオチで会場全体を笑わせてくれた。

U-KISS_kiseop02
(写真:キソプ)

このくだりに味をしめたメンバーは、その後もことあるごとに「マフラー!」というワードを繰り出していたが、その茶目っ気にあらためてハートを撃ち抜かれたファンも多かったはず。彼らのトークの爆発的な面白さも、U-KISSの魅力のひとつだろう。

ラッパーも歌う! “聴かせる”ソロコーナー

続くソロコーナーでは、ジュンは韓国の音楽バラエティ「覆面歌王」に出演した際にカバーしたALiのバラード「消しゴム」を、ラップ担当とは思えないほどの歌唱力で情感たっぷりに熱唱。
キソプはファンへ向けた自作曲「MISS YOU」を甘い歌声で優しく歌い上げた。
イライは流暢な英語で洋楽を披露、歌詞をアレンジしファンへのメッセージを贈った。
ラストのフンが披露した「美しい言葉」は、さわやかでポップなダンサブルチューン。彼のキュートでユーモラスな魅力が存分に発揮された。

フンが歌い終わるとほかのメンバーが登場し、「どうしてそんなにかわいいの?」(キソプ)「筋肉からハートが出てた!」(ジュン)と、ワチャワチャとフンをいじってファンを喜ばせた。また、イライが久々に披露したバラード歌唱にはメンバーも感激。キソプが「イライさんはスヒョンさん(リードボーカル)の席を奪いたいって!」と冗談交じりに話すと、ジュンが「じゃあ、スヒョンさんが戻ってきたらラッパー?」とジョークで返し会場を盛り上げ、スヒョンの不在を4人で補うという心意気を、ここでも垣間見ることができた。

次ページ:4人構成になったアノ曲を披露! そしていよいよクライマックスへ

1 / 2

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 TGC18AW TGC北九州 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN