今話題の“ねこのパーツ写真集”って…? 担当編集者的No.1ショットも公開 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. ライフスタイル
  3. 今話題の“ねこのパーツ写真集”って…? 担当編集者的No.1ショットも公開

今話題の“ねこのパーツ写真集”って…? 担当編集者的No.1ショットも公開

TVやSNSで話題となっている“ねこのパーツ写真集”シリーズをご存知ですか?
第1弾となる『ねこのおてて』は2017年2月に発売されると、TVやSNSを中心にたちまち話題となり重版が決まりました。その好評っぷりを受け、第2弾となる『ねこのおみあし』が同年11月に発売され、こちらも大人気を博し、ついに2018年6月11日(月)に第3弾となる『ねこのおくち』の発売が決定しました。

girlswalkerでは最新シリーズの発売前に、同写真集シリーズの魅力を伝えるべく、現在発売中の『ねこのおてて』と『ねこのおみあし』から、編集部的おすすめショットをご紹介!クリームパンみたいな「おてて」と、ふわもふな「おみあし」に癒やされてください♪

『ねこのおてて』おすすめショット

ダンボールからひょっこり♡クリームパンみたいな「おてて」たち


クリームパンのような形をしたふわっふわなおててに、思わず顔がほころびそう。
何かとダンボールに入りたがるのがねこという生き物。情報サイト「ねこちゃんホンポ」によると、ねこは暗くて狭い、身を隠す場所を好む習性があり、ダンボールはその条件を満たしているため、ねこが好みやすいとのこと。さらに、ダンボール箱に穴を開け、中にいる猫から見える場所で猫じゃらしや指をフリフリすると、猫は狩りモードに突入し、穴から勢いよく手を伸ばしてくるみたいですよ。

永遠に見ていられそう……♡毛づくろい「おてて」たち



この眠そうで気持ちよさそうな表情を見ると、「かわいい…」とつぶやかずにはいられません。
ねこが綺麗好きなのは有名ですよね。ねこが顔や体をなめたりしながら毛づくろいすることを“グルーミング”といいます。同書籍によると、グルーミングは体を清潔に保つだけでなく、体温調節や気分転換、コミュニケーション表現でもあり、さまざまな意味合いを持っているんだそうですよ。

『ねこのおみあし』おすすめショット

肉球の本気を見せる「おみあし」たち




このちょっぴりヘンテコな座り方がたまりませんよね♡ 同書籍によると、普段はくっつけて丸く握りしめていることが多いねこの指ですが、実は驚くべきほど開き、おみあしから「肉球の本気」を垣間見ることができるんだそう。

“ごろにゃん”中の「おみあし」たち




お腹部分に思わず顔を埋めたくなる“ごろにゃん”体勢♡ 「おみあし」をピンと伸ばして床に寝転がるのは、ねこにとって最高にくつろいでいる状態なんだそうです。

担当編集者インタビュー

今回は、企画した担当編集者に独占取材も敢行! 写真集発売に至った経緯やその反響についてお伺いしました。そして、各シリーズ40カットを超える“パーツ”の中から、編集者お気に入りの1ショットも教えていただきました。

-本シリーズ第1弾となる『ねこのおてて』を書籍化しようと思ったきっかけを教えてください

「ねこはどこのパーツを見ても可愛いですが、“手”となると、裏側の肉球にばかり焦点が当たるのがずっと気になっていて……。甲側から見た時の、あの何とも言えない愛くるしさをもっと知ってもらいたい、と思って企画しました」

-本作はインスタグラムの投稿をもとに作られた写真集ですが、たくさんある投稿の中からセレクトする際、1番大事にしたことを教えてください

「一番は、触ってみたくなるようなもふもふ感です。また、ねこと親密な関係にある飼い主さんならではの、飼い主さんしか撮ることができない写真も意識して取り入れました。そうすることで、ねこを飼っていない方にとってはまるで飼っているかのような気分になれたり、飼っている方にとっても普段見られないおててのポーズが楽しめるので」

-発売後は、どういった反響がありましたか?

「テレビや雑誌、さまざまなメディアに取り上げていただきました。発売後は肉球ばかりではなく、『おてて』関連のグッズも増えたように思います。読者ハガキでも『私のための本』や『心の底から求めていた』といったような待望の声が、全国各地のおててフェチの方々から届きました」

-そんな大好評を受けて発売された第2弾『ねこのおみあし』。「おてて」の次に「おみあし」に目をつけた理由は?

「『ねこのおてて』を出版後にインスタグラムで出会った素敵なねこがたくさんいたのがキッカケです。その中にはタイミングが合わず『ねこのおてて』時には紹介できなかった子もいます。まだまだこんなにかわいいパーツを持つねこがいることをぜひ知ってもらいたくて、企画しました」

-『ねこのおてて』と反響に違いはありましたか?

「『ねこのおてて』を買ってくださった読者さんが『ねこのおみあし』も買ってくださることが多く、『私はおみあしよりもおてて派でした!』というご意見はよく拝見しました。企画時は、前足と後足で違いが出るのかどうか!?が問題としてありましたので、そこの違いが出せたのはよかったなと思います」

-両シリーズそれぞれから、お気に入りの1ショットを教えてください

『ねこのおてて』より:「隙間に指を差し込みたくなります」


「この『くにっ』と効果音がしそうなくらい絶妙な折り曲がりを見せる、いわゆる“折れ手”写真ページです。隙間に指を差し込みたくなります」

『ねこのおみあし』より:「ツートーンカラーのおみあしがたまりません!」


「ちょっぴり背伸びしているねこのページです。ベージュのズボンの下から、茶色の靴下が覗いてるような……このツートーンカラーのおみあしがたまりません!」

いかがでしたか? 写真と分かっていても、思わず触れたくなっちゃいますよね。『ねこのおくち』に収録されている写真たちを発売前に紹介する記事も近日中にアップするので、お楽しみに!

Information

『ねこのおてて』、『ねこのおみあし』
《価格》920円(税抜)
《発売元》パイ インターナショナル

関連キーワード

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 TGC18AW TGC北九州 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN