GENERATIONS片寄涼太の画力に一同騒然 『GENERATIONS高校TV』の神回 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. GENERATIONS片寄涼太の画力に一同騒然 『GENERATIONS高校TV』の神回

GENERATIONS片寄涼太の画力に一同騒然 『GENERATIONS高校TV』の神回

2018年5月6日(日)から、インターネットテレビ局「AbemaTV」の「AbemaSPECIALチャンネル」において放送された、レギュラー番組『GENERATIONS高校TV』#51の内容が話題となっている。

同番組は、ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」が、日本中の高校を訪問し学生たちを応援する青春バラエティ番組。

今回の放送では、GENERATIONSのメンバーと、番組に乱入してきた私立E高を名乗るE-girlsのメンバーが、3週に渡り繰り広げてきた5番勝負の行方を追う内容となった。前回まで1対2でE-girlsがリードしていた似顔絵漫画イラスト対決では、イラストモデルを須田アンナが務め、GENERATIONSからは白濱亜嵐と片寄涼太、E-girlsからは藤井夏恋とYURINOが描き手を担当した。

個性豊かな作品が次々と披露される中、片寄の似顔絵が披露されると、その画力に現場からは悲鳴が起こり、E-girlsチームからは「ひどい!」「鼻でかい」などのクレームが飛び交い、須田も「嬉しくない」とコメントした。

勝負はE-girlsの勝利となったが、泣きのもう1戦が行われ、中務裕太が渾身の“鬼瓦ポーズ”でイラストモデルを務めたものの、対決の制限時間の間、“鬼瓦ポーズ”をキープし続けた中務はみるみるうちに涙目になり、視聴者からも「3分間これはつらい。泣かないで!」という応援メッセージが届くなどの盛り上がりを見せた。

番組の後半では、与えられたシチュエーションに対して、女性がキュンとする一言を考える “萌えGENE選手権”を開催し、今回のお題である「別れを告げ去っていく彼女を追いかけて、やり直したくなるような一言」を、自分たちで考えた。

サスペンスドラマ仕立ての展開になる佐野玲於の一言や、恒例のSFラブコメディーを披露する中務など、メンバーの胸キュンワードが“萌え”とはかけ離れ暴走するなか、“王子キャラ”こと片寄が登場し、カメラ目線での「また俺が平気で奪いに行っちゃうよ」というあまりに完璧な胸キュンフレーズに、メンバーの数原龍友も身体に異常を覚える事態となった。

見どころ豊富な今回の放送を含めた過去の放送は、「Abemaビデオ」で無料で視聴可能となっている。

Information

『GENERATIONS高校TV』
《放送日程》毎週日曜21時
《視聴方法》AbemaTV公式サイト、公式アプリ
《出演》GENERATIONS from EXILE TRIBE

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY