Shuta Sueyoshi ツアーファイナルで“熱い想い”を解放〈ライブレポート〉 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. Shuta Sueyoshi ツアーファイナルで“熱い想い”を解放〈ライブレポート〉

Shuta Sueyoshi ツアーファイナルで“熱い想い”を解放〈ライブレポート〉

Shuta Sueyoshiが、2018年4月11日(水)、日本武道館で「Shuta Sueyoshi LIVE TOUR 2018−JACK IN THE BOX−」、ソロライブツアー最終公演を行った。

Shuta Sueyoshiライブ、完全レポート!

開演前の日本武道館では、深紅の舞台幕にステージの両サイドからスポットライトの光が差している。予定開演時刻を少し過ぎた頃、暗転から深紅の舞台幕に映像が投射され、巨大なShutaが映し出されると、悲鳴のような歓声が武道館の闇をつんざくように響き渡った。スクリーン上のShutaは、古いオルゴールを見つけて、ゆっくりとネジを巻く。すると、そのオルゴールがノスタルジックな旋律を奏で始めた。そして、ゆっくりと舞台幕の中央が開くと、先日のバースデーイベントでお披露目されたオフィシャルキャラクター・Hearty Bearを思わせるぬいぐるみが、アンティークチェアに腰掛けている。そこに男たちが現れ、赤いロープをぬいぐるみに掛けていく。ステージ後方からはブルーのライトとスモーク。スピーカーからは鼓動のようなビート。その瞬間、ハードなギターが鳴り響く。こうして、「Shuta Sueyoshi LIVE TOUR 2018−JACK IN THE BOX−」のファイナルがスタートした。

1曲目は、1月にリリースした初ソロアルバム『JACK IN THE BOX』でも冒頭を飾る『JACK IN THE BOX−Introduction−』。2曲目の『Shall We!!』では、疾走感に満ちた楽曲に乗せ「武道館!」とシャウトし、スムーズなR&Bナンバー『Let it ride』では、ダンサーとともにスタイリッシュなステップを見せるShuta。そして、4曲目の『Run Away』ではファンと息の合ったコール&レスポンスを披露し、超満員の武道館を一体にさせる。

ネコの被りものでキュートに変身!

『Run Away』に続いては、この日最初のMC。ファンキーなギターカッティングでグルーヴを持続させながら、「みなさん、こんばんは! Shutaです! ファイナルの日本武道館にようこそ!」と切り出したShutaは、「みなさんすげー! 手拍子やべー!」とうれしそうな笑顔を見せる。続けて、「もう踊りたいんだよね? テンション上がってるかー!」と煽り、「うちのパリピも呼んじゃおうかな」と4人の「SS ダンサーズ」をステージに招き入れた。ダンサーを含めた5人がステージに揃ってからは、次に披露される「Switch」でファンと一緒に踊るダンスのレクチャー。最初こそ、「すっごい恥ずかしがってる(笑)。でも、みんな仲間だよって気持ちで!」とShutaが呼びかけるが、徐々にファンもほぐれていき、「イエー! そんな感じで!」となったところで、『Switch』のタイトなビートとハッピーなメロディーが流れ出す。バックの円形ヴィジョンにはポップなグラフィックが展開され、曲が終わるころには武道館が幸福感でいっぱいに。続く『Acting』では、ヴォードビル風のサウンドに合わせ、ビックリ箱を開けたり、電光ルーレットを回してヒットしたネコの被り物でキュートな姿を見せたりと、ひたすらポップで楽しいステージが展開されていった。

aikoの『カブトムシ』をアカペラで披露

そんな空気を一変させたのは、7曲目に披露されたaikoのカバー『カブトムシ』だった。ステージ上に設置された階段がオレンジ色に光り、『カブトムシ』のメロディーが奏でられると、おもむろに冒頭をアカペラで歌い始めるShuta。あらためてピアノのイントロが流れ出し、時代を超えた名曲をしっとりと歌い上げる。曲中はずっと聴き入っていたファンからは、曲が終わると同時に万感の思いがこもった拍手が巻き起こった。「カブトムシ」を歌い終えたあとは、2度目のMCでファンに語りかける。印象に残ったのは、「今日はちょうど一本の映画と同じぐらいの時間だし、映画を見るような感覚で楽しんでもらえたら」という言葉だ。それは、冒頭から物語性を感じさせ、視覚的にも存分に楽しませてくれるこの日のライブの魅力を暗に示唆していると同時に、Shuta Sueyoshiという一人のアーティストが歩んできた道のりの、まるでいつか見た映画のような悲喜こもごもにも思いを馳せさせてくれる言葉だったと思う。

後半にさしかかった8曲目『My First Love』からは、ドラマティックでメランコリックなナンバーが続く。ステージ上の階段に腰掛けながら、リリカルなピアノの調べに乗せた美しいファルセットを聴かせる「My First Love」、昨年10月に配信リリースされた「秒針 Re:time」、重みのあるビートのダンスチューン「Sad Story」という流れは、前半で見せたポップさとはまた異なる、確かな深みを感じさせてくれるものだった。

あまり語らないshutaの熱いメッセージ

そして、13曲目の『Can’t Stop Me Now』と14曲目の『to.ri.ca.go』でロックな魅力を炸裂させたShutaは、最後のMCで思いの丈を語り始める。

ラストを飾るのは、アルバム『JACK IN THE BOX』でも最後に収録されたいた美しいバラード『夢』。バックには満月が映し出され、そこにShutaのシルエットが浮かぶ。

武道館がその歌声に酔いしれる中、ステージではブルーのライトとスモークがどこか儚い雰囲気を醸し出す。ゆっくりとステージに幕が降り、再び流れ出しノスタルジックなオルゴールの調べ。ステージを覆った深紅の舞台幕には、フランス語で「終幕」を意味する「Fin.」の文字が大きく映し出され、ちょうど1時間40分のステージは大団円を迎えた。ツアーファイナルではあるが、同時に新たな始まりを予感させてくれたライブを終え、Shuta Sueyoshiは、ここからまた「夢」へと走り始める。

photo by Takahiro Kugino

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 TGC18AW TGC北九州 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN