黒島結菜、小瀧望(ジャニーズWEST)らがプライベートで『主人公だ』と思った瞬間は? - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 黒島結菜、小瀧望(ジャニーズWEST)らがプライベートで『主人公だ』と思った瞬間は?

黒島結菜、小瀧望(ジャニーズWEST)らがプライベートで『主人公だ』と思った瞬間は?

映画「プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~」が2018年3月3日(土)に公開初日を迎え、キャストである黒島結菜、小瀧望(ジャニーズWEST)、高杉真宙、川栄李奈。谷村美月、市川知宏、篠原哲雄監督が都内で行われた舞台挨拶に登壇した。


当日が桃の節句であったことから、登壇者はみなピンクを取り入れた衣装で登場。ジャケットを着用していた小瀧は、トレンディエンジェルの「斎藤さんだぞ」風に衣装を披露し、場内を一気に和ませた。

小瀧は本作が映画初主演作ということで、初日を迎えた心境を聞かれると「情報解禁から1年越しでこの日を迎えて、本当にドキドキワクワクしていました。この記念すべき日をキャストのみなさん、監督と、今日会場に来てくださったみなさんと一緒に迎えることができて、感じたことのない達成感と爽快感に満ちあふれています」と喜びの心情を語った。

また、本作のタイトルにちなみ「プライベートにおいてプリンシパル(主役)だな~と思うことは?」という質問に対し、黒島が「最近味噌汁を作ることにハマっていて…ってこの話なんか変な空気になっちゃうかも」とやや戸惑いながら話し出すと、小瀧がすかさず「味噌汁ね!いや、なかなか作りませんからね!きっと誰も作ったことないと思いますよ!」と関西人らしい大げさなフォローを入れると、場内からはドッと笑いが。

小瀧のフォローに、黒島は「出汁から作った味噌汁が美味しくできた時は、これは誰の味噌汁にも負けないって思って主役だな~と思います」と続け笑顔をみせた。一方の小瀧は、「実家に帰ったときですかね。家族から大人気なんですよ」と切り出し、「帰ったらまずおかんがタタタタッて走ってきて、おとんがあぐらかきながら『おう、おかえり』って言って、仕事から帰ってきた姉ちゃんが『おつかれさま~!』って言いながら僕に抱きついてくるんです」と仲良しエピソードを披露。「姉からはめちゃめちゃ甘えられるんですけど、僕は基本放置ですね。無です(笑)」と、姉との微笑ましい関係性を明かした。また、高杉は「ゲーム(無双)でバッサバッサと敵を倒している時」、川栄は「ジムのランニングマシーンで、両サイドの人より速いスピードで走ってるとき」、谷村は世界に自分しかいないような気分になる「休日の夜中の3時に外に出たとき」を挙げ、それぞれ意外な一面を垣間見せた。



市川が「プリンシパル(主役)だと思ったこと」のエピソードは一味違った。本作のロケで札幌に行った際、撮影が早く終わったので観光して帰ろうと思ったが結局空港の映画館で映画を観たそうで、「『あいつ札幌で東京でもできることしてきたアホなやつ』というエピソードとして事務所の中で噂になっている」と笑いを誘い、キャストたちも思わず笑顔をみせた。

作品からプライベートに至るまで、様々なエピソードを明かしてくれたキャストに対し、篠原監督は「現場でもこのまんまで、『こうしよう』って言うとすぐにやってくれて。今時の若いものは捨てたもんじゃないな、って思いましたね。僕長いことこの業界にいますけど、20年ぐらい前の若者よりも、今の若い俳優さんたちの方がレベルが上がってるんじゃないかと思います。だからそこはみなさん自信を持って、これからもやってください」と期待の若手俳優たちを絶賛し、キャストたちは一礼して応えた。

原作「プリンシパル」(集英社「マーガレットコミックス刊」)は、累計150万部を突破。友情と恋の間で揺れ動く主人公・糸真(黒島結菜)は、果たして恋の主役になることができるのか?こ「好き」と言えないヒロイン未満の女子に贈る“全恋”応援ラブストーリーを、旬なキャスト陣が描き出す-。

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 TGC18AW TGC北九州 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN