IT BOY 趣味はサバゲー!? オンオフ問わずアクティブ派な佐野岳に注目! - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. IT BOY 趣味はサバゲー!? オンオフ問わずアクティブ派な佐野岳に注目!

IT BOY 趣味はサバゲー!? オンオフ問わずアクティブ派な佐野岳に注目!

girlswalker編集部が注目する、今をときめくイケメンをピックアップする新企画が始動! 第1回目となる今回は、映画『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』や『陸王』などへの出演で話題となっている佐野 岳(さの・がく)が登場。

これまでのイメージを一新させるような悪役に挑戦した映画、『honey』(2018年3月31日公開)の撮影秘話やスペシャル動画などを交えながら、自然体の彼の姿を追った。

やっぱり身体を動かすのが好き!


-佐野さんといえば「運動神経抜群」というイメージが強いですが、やはり身体を動かすのは好きですか?

佐野「小さい頃から大学まで、ずっとサッカーをやってきたので身体を動かすことは大好きですね。その経験からか、フィジカルとメンタルの関係もなんとなく体感的につながっていると思う部分があって、撮影前の集中したい時は必ず呼吸を整えてから臨みます」

-深呼吸で気持ちを落ち着かせるということですか?

佐野「そうですね。でも、単に息を吸ったり吐いたりするだけではなく、身体の中心に丹田(中医学でへそ周りの位置を示す用語)というのがあるのですが、そこに気持ちを集中させてゆっくり深く呼吸をすると、足がしっかりと地面につくんです。足元がフラフラしていたら、身体がうまく動きませんし、演技でもスポーツでも影響が出てくるかな、と」

-スポーツマンの佐野さんらしいですね。他の作品含め、通常はスタントマンを使うようなシーンでも、ご自身でアクションされることも多いと伺いました。

佐野「はい、やはり身体を動かすことが苦ではない……どころか、やっぱり好きなんでしょうね。『honey』では土砂降りの雨が降る中で乱闘するシーンがあるんですが、ずぶ濡れになってさすがに辛かったです(笑)。でも役者だけでなく、スタッフさんもみんな濡れながら雨を(人工的に)降らせてくれて。弱音を吐いている場合ではないというか、とにかくいいシーンにしたいと一生懸命演じました」

-オフの日でも身体を動かしてらっしゃいますか?

佐野「ダラ〜っと寝続けるよりは、動いていたい方かもしれません。最近は忙しくてなかなか時間が取れませんが、去年からサバゲーにハマっていて。久々にまたサバゲーに行きたいですね!」
(サバゲーの話については、下の動画でも語っています)

ファッションはフォルムにこだわる

-ファッションへのこだわりはありますか?

佐野「フォルムを大事にしています。好きなブランドとかは特にないので、ショッピングに行って気に入ったものがあれば買うって感じです。
なのでフォルム以外はあんまりこだわりはないですね」

-もし、無人島に何か一つ持っていくなら、何にしますか?

佐野「何も持っていかないかもしれません。原始的な生活を再現しているユーチューバーの動画を見るのが好きで、石を削ったものをナイフ代わりにして木を伐採したり、蔦で罠を作って食料を確保したりしているのを見てると、何もいらないんじゃないかって思いますね」

演技に使うタバコの種類も、役に合わせて提案

-ドラマに映画にと大活躍の佐野さんですが、役づくりにあたって苦労されていることや、逆に楽しいことはありますか?

佐野「どの作品でも台本から演じる人物の性格や生活を考え、その上で自分の意見を出してみることにしています。『honey』では僕のアイデアをすごく採用して頂けて、アクション指導もそれぞれが意見を出し合いながら進めていたので、一緒に作り上げていくという感覚が強くて本当に充実した撮影でした」

-『honey』では、具体的にどんなアイデアを出したのですか?

佐野「今回演じた権瓦郁巳は医大生なので、ワルだけれども、どこかでインテリジェンスを感じさせたいな、と。そこで「吸っているタバコはIQOS(加熱式タバコ)にした方がいいのでは?」と提案したり。髭を生やしたり、ビジュアルもかなり新鮮な役柄だったので、色々と大胆に役作りが出来たように思います」

-権瓦郁巳は、これまでの佐野さんのイメージがガラリと変わるような悪役でしたよね。

佐野「映画で出てきた瞬間に、「これ誰?」って思わせたら勝ちだな、と思いながら役作りしました(笑)」

-確かに、試写会を拝見したときには「これは本当に佐野さん?」と驚かされました!

佐野「ありがとうございます。今まではヒーローや良い人の役が多かったですし、郁巳の考え方や性格も自分とはぜんぜん違う。だからこそ、思い切って何をしても許されるように思い、とにかく想像力を働かせて演じました。演じていると、自分でもすごく新鮮な感じがして楽しかったです」

年下の共演者が多かった『honey』でカメラアプリを初体験!


-『honey』の撮影では、空き時間に共演者とは何をされていましたか?

佐野「細かいルールはちょっと忘れてしまったんですけれども、紫耀ちゃん(平野紫耀/ King & Prince ) が『With Bゲーム』というのを考え出して……。何かの条件が合ったら、タイミングよく「With B!!」と叫んで、ブルゾンちえみさんたちのようなポーズをとるだけなんですけれども、なぜかえらい面白かったなぁ。現場は紫耀ちゃんがグイグイ引っ張ってくれて、すっごく助かりました(笑)」

-平野さんのことは「ちゃん付け」で呼んでらしたんですね。

佐野「ですね。あ、でも流星(横浜流星)は以前にも色々と共演したことがあったので「流星」と呼んでいましたし、平さんはさん付けです(笑)。平さんもすごく明るくて、紫耀ちゃんと平さんの二人がいると、現場がパッと明るくなるんですよ!  見ているこちらも和みましたねぇ」

-なんとなく、お兄さん目線ですね(笑)。

佐野「少し年下の共演者が多かったですしね。そういえば、映画の撮影で初めてカメラアプリを使ったんですよ。監督の提案で空き時間などに撮っていたんですが、耳や口がくっついた写真なんて撮るの初めてで(笑)。そうしたら、そのときに撮ったカメラアプリの写真が、映画のエンディングで使われていてびっくり。最後の最後で郁巳が仲良さそうに写っている写真があるから、「本当の佐野岳はこんなに悪いやつじゃないぞ」とわかってもらえるかも……とちょっとホッとしたり(笑)」

-それだけ映画の中では、悪いやつに徹していらしたんですね。

佐野「はい。ぜひ『honey』を観ていただいて、これまでとは全く違う佐野岳を楽しんでください!」

SPECIAL MOVIE

It Boyでは、気になるアーティストの気になる一面を撮影した動画を独占公開。佐野岳には、ファンならずとも気になる「5つの質問」に、親近感を出すために普段の喋り口調で答えてもらった。


プルフィール

佐野 岳(さの・がく)
1992年4月3日生まれ、愛知県出身。
2011年、第24回JUNONスーパーボーイ・コンテストにてグランプリ受賞。2013年に『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』で映画初出演・初主演。同年、『仮面ライダー鎧武/ガイム』にてテレビドラマ初主演を務める。その他の出演作にTVドラマ『日曜劇場 陸王』(2017年/TBS)、映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』(2017年)など。2018年4月には映画『となりの怪物くん』が公開予定。

INFORMATION

映画『honey』
2018年3月31日(土)より鬼キュン♥ロードショー

《STORY》
幼いころに両親を失い、叔父の宗介(高橋 優)に育てられた小暮奈緒(平 祐奈)は「怖い…無理…」が口癖なほど、ヘタレでビビリ。高校の入学式の日にケンカに遭遇するが、そのうち一人は “超”不良と恐れられる新入生、鬼瀬大雅(平野紫耀/King & Prince) だった。そんな鬼瀬に、ある日突然体育館裏に呼び出されプロポーズされる奈緒。ビビって断りきれずにつき合うが、一緒に過ごすうちにそのギャップに戸惑いながらも、彼の優しく純粋な人柄に気づいていく。そして、クラスメイトの三咲(横浜流星)やかよ(水谷果穂)らと仲を深めていくが、かよの彼氏・権瓦(佐野 岳)は鬼瀬と因縁のある人物でーー。そんな中、転校生の雅(浅川梨奈)が鬼瀬と急接近。そんな様子を見て、奈緒は気持ちが揺れ動く。

■監督:神徳幸治
■脚本:山岡潤平
■出演:平野紫耀(King & Prince) 、平 祐奈、横浜流星、水谷果穂、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、佐野 岳、臼田あさ美、中山 忍、高橋 優
■主題歌:Sonar Pocket「108 ~永遠~」(ワーナーミュージック・ジャパン)
■原作:「honey」目黒あむ(集英社マーガレットコミックス刊)
■2018/日本語/カラー/5.1ch/105分
■配給:東映/ショウゲート
公式サイト: http://www.honey-movie.jp/
©目黒あむ/集英社 ⓒ 2018映画「honey」製作委員会

ヘアメイク/菅野綾香(ENISHI) スタイリスト/津野真吾

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY