cinema

「職業を間違えた…!」女優・門脇麦、自分の心を“尾行”し変化した意識

nijuuseikatsu_gw01

「尾行を哲学する」 全く新しい心理エンターテインメント『二重生活』が6月25日(土)より公開。

直木賞作家・小池真理子の同名小説を、数多くのドラマやテレビ番組を手がける岸善幸の劇場デビュー作として映画化。ヒロイン・珠を演じたのは単独初主演となる門脇麦。尾行という禁断な行為に染まりゆく珠の姿を心情からリアルに体現。尾行される男・石坂を演じるのは長谷川博己。恋人役に菅田将暉、尾行を勧める謎多き教授にリリー・フランキーなど、実力派が揃ったキャストに目が離せません。

そこで今回は、主演の門脇麦さんを直撃!“尾行”という他人の秘密に足を踏み込んでしまう女の子を演じてどんな感情を抱いたのか、そして今最も注目を浴びる女優のひとりであり、業界内外のラブコールが止まらない彼女の役者としての在り方を覗き見!

nizyu_gw002

大学院で哲学を学ぶ珠は、担当教授のすすめから、ひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する「哲学的尾行」を実践することとなる。最初は尾行という行為に戸惑いを感じる珠だったが、たまたま近所に住む石坂の姿を目にし、石坂の姿を追う。一軒家に美しい妻と娘と暮らす石坂を、珠が尾行する日々が始まったーー。

 

■完成した作品を観た感想は?
K:今まで自分が出演している作品は、撮影の時に台本を何回も読み返したり演じたりするので、あまり客観的に観れませんでした。面白いことでも何回も聞いてると慣れちゃうことありますよね。それと同じように自分では客観的に判断ができなくて、あのシーン大変だったなとか、このシーンは雨待ちしたなとかそういう現場の思い入れの方が浮かんでしまって集中出来ないんです。ですが今回は初めて客観的に観れて、面白いって思いました!

記者:それはなぜだと思いますか?

K:想像を越えていたんだと思います!大体現場ではどこのシーンがどう繋がるとかわかるのですが、今回は手持ちのカメラでの撮影でしたし、どう切り取られるのかもわかりませんでした。かなり新鮮で、自分が出演しているのに出演していない映画のようでした。

 

■演じた“珠”は、どんな女の子ですか?
K:過去の出来事により、自分の感情にフタをするように生きてきた女の子。大人になるにつれて、自分の本当の気持ちにフタをして生きていく方が楽になってしまったんだと思います。でもそうすることによって自分の感情にすごく疎くなって麻痺していく。結果、孤独感が常につきまとっている女の子になってしまったんだと思いました。そんな珠に私もそうですが、今の若い子はすごく共感するんじゃないかなと感じました。

記者:監督とは役について話すことはありましたか?

K:細かい人物設定やシーンについての説明はありましたけど、そんなに無かったです。でも毎回カットがかかる度、監督に「違和感はなかったですか?」と聞かれて「無かったです。」と答えると、「じゃあオッケーです。」とう流れで進んで行きました。

記者:監督は門脇さんを信頼していたんですね。

K:そうですね、信じてくれていたんだと思います。その分、責任が重大過ぎていつも不安はありました。終わる度に「今日は大丈夫でしたでしょうか。」と私も聞いていました。「大丈夫だと思います。」と監督がおっしゃるので「わかりました。」という感じですね(笑)。

nijuuseikatsu_gw03

 

■撮影中に意識していたことはありますか?
K:撮影初日と2日目は菅田さんと2人きりの同棲シーンをずっと撮っていました。尾行するシーンは、だんだん見えてくる秘密を映し出すシーンなので、珠自身のキャラクターは重視されなくなります。なので始めの2日間で珠のキャラクターをつかんでいないと、説得力がなくなると思いどんな女の子か探っていました。でも演じているのが、とても辛くて虚無感や孤独感とか常にモヤの中にいる状態でした。珠はどうしても好きになれない女の子でしたね。人との関係や出来事を全部いい塩梅にしようとする女の子。それって自分が傷つかない為にやっている行為であって、なんて自己中な女の子なんだと思いました(笑)!

 

■現実のようなナチュラルな同棲シーン。その撮影はいかがでしたか?
K:菅田さんとのシーンはほぼ段取りがなく「今こういう状況でこの家で2人で暮らしているから。じゃ、ご自由にどうぞ。」というところから始まりました。結構映画では、自由にやってくださいって言われる事が多いのですが、それでも画角があるので“ココからココまでの中で”と決まっています。ですが、今回のカメラマンの方もドキュメンタリー出身で、常に手持ちカメラでの撮影なんです。なので本当にどこに行っても撮ってくれるから、ご自由にしてくださいの度合いが全然違いましたね。

記者:その自由はすごいですね!

K:外へ出かけちゃっても大丈夫なくらい!でもそこまで360度切り取られる現場に立つということは演技だけじゃカバー出来ないので、自分の私情だったり自分の全部を持ち込んで、カメラ前に立たなければならないなと思って臨みました。なのであの現場ではカメラ前で、実際に生活していたという感覚が強いです。

記者:菅田さんと2人暮らしもナチュラルでしたね。

K:そうですね。何も違和感がなかったです。菅田さんの雰囲気もあったので、2人で一緒に居ることに無理はなかったです。

記者:カップラーメンを食べるシーンでは何杯も食べたそうですね!

K:私はどうしても、あの場面で感情を溢れさせちゃいけない。と考えていてそれを留めるかの如く、ラーメンをものすごい勢いですすりたくて、セーブしないでガンガン食べていました。毎回ワンカット撮り終わる度に食べ終わっているので、5杯くらい?最後の方は胃がムカムカしてきて、あの時が1番大変な撮影だったかもしれないです。