cinema

安田成美、人生のターニングポイントは「主人と出会えたこと」

arlo_gw002

待望のディズニー/ピクサーの最新作『アーロと少年』が3月12日(土)に公開。今まで数々の感動溢れる友情物語を生み出してきたディズニー/ピクサーだからこそ作ることのできた本作。
地球が隕石の衝突を逃れ、恐竜たちが絶滅することなく進化した“もしも”の世界を舞台に、恐竜なのに怖がりのアーロと、体は小さくても怖いもの知らずの少年スポットの奇跡の友情を描く感動のアドベンチャー・ファンタジー。
そんな今回は日本語吹替版で、優しいアーロのママを担当した安田成美さん、甘えん坊で弱虫のアーロを担当した石川樹くんに直撃!

本作の映像美やストーリーに感動しっぱなしのお二人。まるで親子のようなほっこりトークを繰り広げてくれました♪

arlo_gw01
偶然出会った恐竜のアーロと人間のスポット。言葉も通じないし見た目も全然ちがう二人だが、旅の中で徐々に距離を縮めていく。果たして大冒険の末に手に入れるものとは…

 

■本作から何を感じましたか?
安田(以下・Y):アニメだから子どもが観るイメージがありますが、大人が観ても十分満たされる!映像美も感動するし、途中寂しかったりドキドキしたりしたのに終わったは爽快感があります。とっても癒されました。充実感がすごいですね!ほんとに大人の方に是非観て欲しい。
石川(以下・I):とにかく映像がすごくて、どの場面でもリアリティがあって虫とかも本物みたいでドキドキしたし感動しました。

記者:安田さんは観たあとにとてもびっくりされたそうですが…

Y:そうなんです。これだけすごい映像をアニメとして表現出来るってどうゆうこと?!と驚きました。あとは、ラストのスタッフロールにメンバー全員の名前を書き切っているということにとても感激しました。みんなスタッフを大事に尊重しながら1つの作品が出来上がるんだ!ということをとても感じました。

 

■ストーリーの魅力を教えて下さい!
Y:もしも隕石が落ちなかったらという逆転の発想など、あまりにも芸が細かくて、さすがピクサーだなと思います。恐竜と人間の子供同士という純粋な二人が交流し始めるという最初の出会いから最後までの成長や、違う生き物なのにお互いを知って尊重しようとストーリーが進んで行くのが素晴らしいなと思いました。
I:僕はもし現実に『アーロと少年』の物語が起きたら面白くなるんじゃないかなと思いました!人間が喋れなくて恐竜が喋れる不思議な世界を体験してみたいです。

 

■アフレコの時、それぞれキャラクターに関してどんな思いがありましたか?
I:最初のアーロは弱虫で臆病で、性格が僕とは違くてそういう臆病とか怖がりってどういうことなんだろうって考えながらアーロの声を演じました。気持ちを伝えられるように頑張りました!
Y:このお母さんの存在というのは、どの家庭にもいるようなお母さん。大きく家族を包む優しさが溢れるキャラクターだったので、それが表現出来たらいいなとアフレコをしました。

記者:アーロと石川くんは似ていないということですか?

I:僕はいろんなことに挑戦したいので、いろいろやってみてダメなことがあったら、諦めないでもう一回やってみます。そんなところはアーロの成長して強くなった時の方がちょっと僕と似ているんじゃないかな。
Y:わぁ、かっこいいね!

arlo_gw003

■どのキャラクターがお気に入りですか?
I:僕はペットコレクターです!フォレストで出会うシーン、誰もスポットの名前がわからなかった時にアーロとペットコレクターが名前を言い当てるのががとても面白かったです。

Y:みんな可愛いですよね、アーロもすごく可愛いくて。スポットは喋らないけれども、目や表情をアニメでこんなに魅力的に作られちゃったら、実写のお芝居はもうどうしたらいいのって。(笑)もの言いたげな時は、サラサラっと風を吹かせる雰囲気とか、スポットがとても可愛かったですね!

■ご自身にとって家族ってどんな存在ですか?
Y:わたしはかけがえのないものですね。やっぱり宝物だし、イコール“自分”っていってもいいくらい!1番の宝物ですね。
I:僕も宝物だと思います。家族がいないと今の自分はいなかったのかなと思います。

記者:石川くんは兄弟はいますか?

I:妹がいます!
Y:妹は6歳なんだよね。だからお兄ちゃんで頑張ってて、ほんとにえらい!

■“もしも隕石が地球に落ちなかったら…”という世界が舞台。“もしも”な人生のターニングポイントは?
Y:私はやっぱり、主人と出会わなかったらですね!(笑)人生が違うと思います。とても珍しい人に出会えたので、出会えてよかったと思うし出会っていなかったら私は結婚もしていなかったと思います。

■アーロとスポットのように“冒険”をしたことはありますか?
I:小学一年生の時、お仕事にいくのにお母さんと待ち合わせてをしていて、1人で電車に乗って日比谷駅に行ったのは冒険でした。
Y:すごいね、えらかったね!
I:でも途中で寝ちゃって…(笑)
Y:え!危ない危ない!
I:ちょっと駅を過ぎちゃったので、ドキドキしました。
Y:自分で戻ったの?もうやめて〜、親はそれだけでも心配なの。無事についてよかったね!
I:よかったです。
Y:私は17か18歳の時に妹がアメリカに留学していたので会いに行きました。飛行機を乗り継いでキャンパスにたどり着いた時にはもう真っ暗で、方向もわからないまま歩いていたのであの時は冒険でした。